Ver.2.00 2016.05.05 Sorry,This page is Japanese Language Only....

かぞえチャオ!Ver.1.67のバージョンアップ履歴のページです。
かぞえチャオ!Ver.1.66のバージョンアップ履歴はこちらです。
かぞえチャオ!Ver.1.65のバージョンアップ履歴はこちらです。
かぞえチャオ!Ver.1.64のバージョンアップ履歴はこちらです。
かぞえチャオ!Ver.1.63のバージョンアップ履歴はこちらです。
かぞえチャオ!Ver.1.62以前のバージョンアップ履歴はこちらです。

戻る


「かぞえチャオ!」バージョンアップ履歴
バージョン情報 リリース日 説明
Ver.1.67 2018/04/28 [Ver.1.67] 2018/04/28
かぞえチャオ!Ver.1.67では、ここみチャオ!Ver.1.67を使用してください。
タイトル、メイン画面のコピーライト年表示を変更しました。
ここみチャオ!Ver.1.67正式版の起動に対応しました。

システムデータは、Ver.1.66以前のものがそのまま使用できます。
以前のシステムデータを使用する場合は、ZIPファイルより kazoeciao.exe、kazoeciao.chm のみ解凍してください。
ダウンロードはこちら

[Ver.1.67β1] 2017/11/04
かぞえチャオ!の多重起動(複数起動)に対応しました。
文字列表記内の改行コードを無効にするオプションを追加しました。
改行コード無効化文字列を指定できるオプションを追加しました。

多重起動(複数起動)
コマンドラインで、/ml を指定すると、多重起動が有効となります。
kazoeciao.exe /ml

※/mlは、大文字でも指定可能です。
※多重起動時は、終了時にシステムデータを保存しません。
※多重起動時は、ここみチャオ!も複数起動できるようになります。

文字列表記内の改行コードを無効にするオプション
拡張子個別情報ファイルに
[STRNOTDLMT]
1
を追記すると、文字列内の改行コードを無視します。
従来は、文字列の開始から終了の間に、改行コードがある場合、改行コードを文字列の終了としていました。

str = """
  XXXXX
  xxxxx
  """
の場合、
XXXXXとxxxxxの行が、文字列として認識されない
最後のダブルクォーテーション以降が、文字列の中と認識され以降のモジュールが切り出せない
という現象が発生していましたが、
このオプションを指定することで、正しく認識できるようになりました。

改行コード無効化文字列を指定できるオプション
拡張子個別情報ファイルに
[STEPJOIN]
\
を追記すると、指定した文字列(上記の場合は、\)直後にある改行コードを無視してモジュール抽出を行います。

ひとつの#define の記述が複数行にわたる場合、直後にあるモジュール名が正しく切り出せない場合があり、このオプションを追加しました。

#define dfunc(a) func1(a); \
       func2(a); \
       func3(a)

int func(void)
{
}
の場合、func3(a) がモジュール先頭として切り出されていました。
このような、記述があるC言語系ソースコードでは、
拡張子個別情報に[STEPJOIN]オプションで「\」を定義してください。(「\」=「¥」です)

かぞえチャオ!のアイコンは、アンの小箱 のフリー素材を使用させていただいています。

▲TOP


Copyright(C) Ciao-ware. All rights reserved.